2018/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>





世界中のいろいろな場所をパノラマ画像で見ることができるGoogleマップのストリートビュー。このストリートビューで見られる場所に、富士山が加わった。

富士吉田ルートの1合目から山頂までを撮影した約14,000 枚のパノラマ写真を元に、頂上までの登山気分が味わえる。




さっそくブログでも話題となっており、 
・富士山のストリートビューがすごいです
・いや、コレ凄い!ホント2時間ぐらい見入ってた
・実際に歩いてみているような目線でもうもう感動です 
など、みんな日本一高いストリートビューに満足しているようだ。

ついに世界遺産に登録された、日本のシンボル富士山だが、 
・何が素晴らしいかというと、海外、地球の裏側からでも、富士登山を擬似体験できること
・世界の人に富士山を見てもらえるのは、なんとも誇らしい気分です
・グランドキャニオンや南極大陸など世界有数の場所が撮影されてきましたが
 富士山もこうした風景に加わることになるんですね 
と、日本一の山の絶景が、ストリートビューで世界中から見られることを喜ぶ声も上がる。

ストリートビューは、通常、専用のパノラマ撮影用のカメラの付いた車を使って撮影するのだが、富士山をそんな車で登るわけにはいかない。そこで今回は、人間が背負うタイプの機材「トレッカー」を使い、全3日間で撮影したとのことだ。

撮影の様子を紹介するムービーも公開されており、 
・んー、機材が重そうです
・トレッカーには15個のレンズがついていて、360度の撮影可能なんだとか
・撮影終了から約10日で公開するという早業だったようだ 
などといった感想や情報が。ちなみにトレッカーは約18kgとのこと。

なお、トレッカーを貸し出してストリートビューを撮影してもらう「トレッカーパートナープログラム」が日本国内でも開始されるようで、NPOや観光協会などの団体が対象となっている。 
・これ見て富士登山したつもりになろう。もう何年も登ってない
・富士山、満員みたいだし、Googleストリートビューで、いっか
・興味が無いわけでもないが、自分で行くことはないな。とりあえずストリートビューで満足
と、ストリートビューのせいで、登山せずに満足という人が増えそうな予感もする。

しかし、安全な登山のための下見としての効果も期待されているようだし、なにより年齢や身体の理由で登山が困難な人も富士登山を楽しめるようになるのは、テクノロジーの素敵な利用法だと言えるだろう。


comment









にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南都留郡富士河口湖町情報へ にほんブログ村 デザインブログへ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 デザインブログ デザイン会社・デザイン事務所へ 人気ブログランキングへ D-site bannar artsurf bunner shinka bannar クリエイター検索 cc bannar WEBデザインのリンク集 : ikesai.com 検索サイトiscle Access Hero

credit credit

無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.