2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>






今年の2月18日にこのブログで「ゆるキャラ、次はふなっしーが来る!」とビッグデータ解析していましたが、日本百貨店協会主催の『ご当地キャラ総選挙』で見事的中!1位に輝きましたねー。

『ご当地キャラ総選挙』というのは、ネットなどで投票を募り、上位に選出されたご当地キャラが、全国の百貨店をキャラバンし、PR活動などを行っていくというプロジェクト。

1位の「ふなっしー」の獲得票はダントツで、もはや人気者として揺るぎない地位を証明したワケだが、と同時に、2位に選ばれたキャラ「オカザえもん」も密かに脚光を浴びだした。 


【データは2013年8月9日16時45分現在】

「オカザえもん」は、愛知県岡崎市のPRキャラクター。白黒2色の人間っぽい着ぐるみ(?)で、おかっぱの髪型と顔のパーツで岡崎の岡をかたどり、胸には崎の文字の胸毛?!と、なんとも文章で表現しづらい容姿で、41歳の子持ちバツイチという設定もある。

初めて「オカザえもん」を見た人たちの反応といえば、 
・な、なんだ これは?!
・ひぇええ。こわいのでござる(ФωФ)
・破壊力、ありすぎです<(_ _;)> 
とか、 
・ちょっとシュールってことですが、いやー、ちょっとじゃないような(苦笑)
・不気味ですよね、このまま立っていたら絶対に職務質問されちゃいそう
・イラストでは2頭身でカワイイけれど、実写にすると、気持ち悪い 
とか、これまでのゆるキャラを象徴する「カワイイ」という言葉がほとんど、というか一切見当たらない。どころか、随分な言われよう。でもインパクトは大きいらしい。

そもそもは、2012年に愛知県岡崎市で開催された現代美術展「岡崎アート&ジャズ 2012」に、現代美術作家の斉と公平太(さいとこうへいた)さんが出展した作品らしい…んだけど、 
・このクオリティ、雑すぎる!!
・カラフルなゆるきゃらが多い中、白黒で完成度の低い衣装・・・ 
とか、クオリティ的なゆるさにもハンパない印象が広がっている。また 
・コイツが、気持ち悪いのに、マジマジと見てしまう
・良いとこなしなのに、なぜか憎めない(笑
・だんだんと見慣れてくるうちに親しみを感じてきました 
と、不気味さ故にか目が離せず、そして惹きつけられちゃうナニカを感じる人が少なくないのだ。

売出し中のグッズにも、 
・オカザえもんクッキー?を買って帰りましたでござる♪ 
・昼食を取ってからオカザえもんグッズを買いに岡崎市役所へ
・偶然見かけたお店で、つい「オカザえもん」のどら焼きを買ってしまいました 
と、吸い寄せられる人が多く、人気もぐんぐん上がっていきそう。

キモすぎる「オカザえもん」の知名度が高まるにつれ、 
・何がうけるか?キャラクターの世界は、判らないものですね
・これ見てると、ゆるキャラってなんだったっけ?と思ってしまいます
・光の当たらないキャラクターもアピールする場が増えたのは良い事かも? 
などのコメントもよく見られ、今後は、「カワイイ」だけじゃなくて、キャラ力の強いご当地キャラも、ますます増えていきそうな予感。

今年も、ゆるキャラ(R)グランプリ実行委員会主催の『ゆるキャラグランプリ2013』が開催される。(投票は9月17日〜、結果発表は11月) ふなっしーは、「今後ほかのキャラクターが優勝して地域を活性化させるため」と不参加を表明しているということだが、果たしてオカザえもんの行方は?キモさからも、人気の動向からも、目が離せない!


comment









にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南都留郡富士河口湖町情報へ にほんブログ村 デザインブログへ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 デザインブログ デザイン会社・デザイン事務所へ 人気ブログランキングへ D-site bannar artsurf bunner shinka bannar クリエイター検索 cc bannar WEBデザインのリンク集 : ikesai.com 検索サイトiscle Access Hero

credit credit

無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.