2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>










2020年オリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決まった。



アルゼンチン・ブエノスアイレスで開催されていたIOC総会で9月7日(日本時間では8日早朝)に行われた投票結果の発表をリアルタイムで見守っていたブロガーも多く

・やったーついに念願の東京オリンピックがやってくるー!
・日曜日に早起きして見守って良かった!すがすがしい朝となりました!
・決まった瞬間は感動した〜フェンシングの太田選手の大泣きにもらい泣き!

などと早朝から興奮気味に語られていた。

マドリードとイスタンブールとで競っていた招致合戦終盤戦は、海外のブックメーカーなどを中心に「東京優勢」が伝えられていたころから各種メディアが「東京五輪」のイメージをかきたてるような特集を組んでいたものの、当時は

・メディアは早くもお祭り騒ぎ、なんだかな〜
・浮かれたテレビが、各番組で判を押したようなブームアップでうんざり…
・下馬評は全くアテにならないもの。88年のときも名古屋でほぼ決まりと思ってたら
 ソウルだったし
・何の根拠もない下馬評に振り回されて、何だかな〜

とメディアとの温度差を感じさせるコメントが多く、冷めた反応も目立っていた。

それが一転、開催決定となるとやはり

・おめでとうおめでとう!こんなにもワクワクしたニュースは久しぶり〜
・斜に構えたりせず、裏読みしたりせず、日本国民として純粋に喜んでおります!
・何もせずに鬱々としているよりは、こうした祭りで盛り上がる方がいいと思う
・東京は遠いし、どうでもいいと思ってたけど、やっぱり決まるとウキウキするね!

など、幅広い層の高揚感あふれるコメントが溢れた。

こうしたお祝いムードの中で「残念ながら東京に決定」という反対派もいて

・個人的にはオリンピックなんてやってる場合ちゃうやろ〜と思う
・福島に住む人間としては複雑です。素直に喜べない…
・今さらお金がかかるだけで、なにも意義を見出せない。そのお金、復興に使おうョ

と、被災地の復興や原発事故の収束もままならないうちから巨額の五輪マネーが動くことに対する拒否反応が強い模様。

もちろん五輪の開催が決定したからといって、原発事故をめぐる現実は変わらない。東京電力福島第一原子力発電所からの汚染水の漏洩問題を国際社会が大きな問題として捉えていることは、事前の記者会見で海外メディアから汚染水問題に質問が集中したことからも明らか。

・目標が決まれば、それにむかってまとまるのが日本の特性。汚染水対策も進むと
 いいですね
・「安全だ」「問題ない」と繰り返すだけでなく、政府は本腰を入れて盤石な対応を
 示すべき
・決まったからには、やるしかない。海外からも注目されて対応が迅速に進んでほしい

といった声も多く、7年後にむけて東京の競技場・街並みの整備だけでなく「復興」が着実に進むことへの期待は大きい。

・ちょっと気が早いけど、一流選手の活躍を目の前で見るのが楽しみ!
・娘も「絶対観に行く!」と宣言してました。なんだかワクワクしてきた〜
・息子が東京五輪出場、なんてことにならないか親バカがうずきはじめちゃった

など、この時代に生きる日本人の人生に多かれ少なかれインパクトを与えることになる2020年東京五輪。決まったからには、大成功に向けて力を尽くす7年間が始まる。


comment









にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南都留郡富士河口湖町情報へ にほんブログ村 デザインブログへ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 デザインブログ デザイン会社・デザイン事務所へ 人気ブログランキングへ D-site bannar artsurf bunner shinka bannar クリエイター検索 cc bannar WEBデザインのリンク集 : ikesai.com 検索サイトiscle Access Hero

credit credit

無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.