2017/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>






そのうち、誰もがインターネットからシリコンバレーのホットなテクノロジ企業に気軽に投資できるようになるだろう。でも、大物FacebookのIPOの大失態を見たアメリカの個人投資家たちは果たして、同じシリコンバレーの、Facebookの弟のような企業に、夢と希望を託すことができるだろうか? ここではこの二社を、簡単なチャートで比べてみよう。

違いの中でいちばん目立つのは、Twitterの純利益が負であることだ。つまりTwitterは赤字だ。一方Facebookは、IPO時に利益をあげていた。

Facebookのユーザベースがとても大きいだけでなく、両社はほかの点でも相当違っている。Facebookが公開企業になったときの評価額はおよそ1000億ドルだったが、Twitterの予想株価では評価額は200億ドルに満たない。

端的に言うと、FacebookはIPOの時点ですでに企業規模が相当大きい。それに対し、Twitterの申請文書を見ると、なぜ今公開企業になるのか不思議なぐらいだ。キャッシュの備蓄は豊富だが損失は加速しており、研究開発への投資と営業の強化で、その傾向は当分続くだろう。

考えられる理由は、初期の投資家たちからの圧力で、大きな流動性が必要になったことだ。この規模の企業が、古くからの投資家たちの要求に応える方法は、売却かIPOかどちらかしかない。つまり、Twitterの場合は、一つしかないということだ。もちろん、Twitterが公開に値しない無価値なつまらない企業だと言うつもりはない。価値もあれば将来性もある。しかし申請内容を見るかぎり、そこに並んでいるのは、今日明日に迫ったIPOに向けて、見事に完熟した企業の数字ではない。


comment









にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南都留郡富士河口湖町情報へ にほんブログ村 デザインブログへ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 デザインブログ デザイン会社・デザイン事務所へ 人気ブログランキングへ D-site bannar artsurf bunner shinka bannar クリエイター検索 cc bannar WEBデザインのリンク集 : ikesai.com 検索サイトiscle Access Hero

credit credit

無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.